Panel Viewer for BVE5

スポンサーリンク

概要

みかんさんのCommunication.dllを経由してBVEから送られてきた情報を受信し、その中からPanelの状態のみを取得し、表示します。

 

使い方

1.使用したい車両のATSプラグインにdetailmanagerを用いてCommunication.dllへの参照を追加する。

2.BVEを起動し、該当する車両を選択・読み込みする。

3.Panel Viewerを起動し、「通信開始」ボタンを押す。

4.表示するPanel番号を変えたりして、目的の情報を表示する。

5.「BVEを終了する際に押してください」ボタンを押す。

注意事項

このソフトウェアはジャンク品です。どのような不具合があってもTetsu Otterは修正する義務を負いません。また、利用者の損害に対してTetsu Otterが補償を行うこともありません。

ファイアウォールの許可設定は忘れずに必ず行ってください。受信の際にファイアウォールではじかれる可能性があります。

Panel番号の欄に入れることのできる数字は0-255です。これ以外の数字を入れた場合正常に動作しません。また、決定ボタンを押さないと表示情報の変更は行われません。

PC-PCをLANケーブルで接続する場合、クロスケーブルを用いるか、間にハブを咬ませましょう。

Communication.dllでのIPアドレスの設定を間違えないようにしましょう。

通信が成功しなかった場合、このソフトウェアは応答なし状態となります。通信に成功し次第応答を始めます。

 

何か質問があればTwitterもしくはお問い合わせフォームまでどうぞ。

 

動作環境

所有する3台すべてのパソコンでの動作を確認しております。

BVE5が正常に動作するパソコンでは動作するはずです。

送信元と送信先が異なる場合、それぞれLAN経由で接続できる必要があります。WANを経由する接続はサポートしておりません。

 

ダウンロードパスワードは「0000」です。

Icon

Panel Viewer 5.49KB 43 downloads

...

 

更新情報

2017年10月21日 動作環境情報追加

2017年10月18日 新規公開

記事一覧

未分類

Posted by Tetsu Otter