UDP Distributor

スポンサーリンク

概要

UDP通信で受信した情報を複製し、最大で5つの任意のポートに同じ内容を送信する。

 

使い方

 

1.送信先IPアドレスに、送信先のIPアドレスを入力します。

2.送信先ポートに、送信先のポートを入力します。

3.チェックボックスにチェックを入れます。

4.Startボタンを押す。

5.終了時や、複製先を追加する場合はStopボタンを押す。

注意事項

ファイアウォールの許可設定は忘れずに必ず行ってください。受信の際にファイアウォールではじかれる可能性があります。

このソフトウェアは9032番ポートに来た情報のみを複製し、送信します。

PC-PCをLANケーブルで接続する場合、クロスケーブルを用いるか、間にハブを咬ませましょう。

通信が成功しなかった場合、このソフトウェアは応答なし状態となります。通信に成功し次第応答を始めます。

受信情報確認ボタンを押すと、受信したByte配列を別ウィンドウにて表示します。この機能はあくまでおまけ的な機能です。

 

何か質問があればTwitterもしくはお問い合わせフォームまでどうぞ。

 

動作環境

所有する3台のパソコンのうち常用する2台で動作を確認しています。

Windows10であれば何も入れずに動作するはずです。それ以外の環境での動作は確認しておりません。

送信元と送信先のパソコンはそれぞれLAN経由で接続されている必要があります。WAN経由での接続は保証できません。

 

ファイルはGitHubにて公開しております。binフォルダ内のReleaseフォルダの中にソフトウェアがあります。

GitHub

 

更新履歴

2017年10月21日 (ページ)新規公開

記事一覧

未分類

Posted by Tetsu Otter