BIDS.dll 配列表

スポンサーリンク

BIDS.dllが送信するデータの順番を書いておきます。普通の人は使わないと思います。

処理ソフトや表示ソフトを自作したい方などはこれを参考にしてください。プラグインのアップデートに伴い配列が変更となる場合もあるのでご注意ください。

型はすべてint32となっています。倍数が2以上の場合は、出力しているデータは取得した値にその数をかけたものになります。処理側でその数だけ割ることを忘れないように注意してください。

 

最終更新:2017年11月13日(新規公開)

備考に「const」とあるものは定数です。運転中に変化することはありません。

単位は間違っている可能性があります。

配列番号 名称 倍数 備考
0  ヘッダ 1 ヘッダについては後述
1 B段数 1 const
2 B常用位置 1 const
3 P段数 1 const
4 ATS確認段 1 const
5 編成両数 1 const
6 ブレーキ位置 1
7 ノッチ位置 1
8 レバーサー位置 1
 9 定速制御の状態 1 未実装です。
10 列車位置 1000 単位[km]
11 現在速度 1000 符号付きint32型で送信しています。単位[km/h]
12 現在時刻 1 0:00:00からの経過時間をms単位で送信しています。
13 BC圧 1,000,000 ブレーキシリンダ圧 単位[kPa]
14 MR圧 1,000,000 元空気ダメ圧力 単位[kPa]
15 ER圧 1,000,000 釣り合い空気ダメ圧力 単位[kPa]
16 BP圧 1,000,000 ブレーキ管圧力 単位[kPa]
17 SAP圧 1,000,000 直通管圧力 単位[kPa]
18 電流 100,000 符号付きint32型で送信しています。単位[A]
19  case by case ヘッダによってこの先の情報は変化します。

 

ヘッダによる情報の変化

19番以降は、ヘッダによって情報が変化します。コロンの左の数字はヘッダ番号、コロンから右はそのヘッダの意味です。

01:Dispose ~プラグイン解放時~

ヘッダ01はプラグインがBVEから解放された、つまりシナリオが閉じられたことを意味します。

ヘッダ01の場合、配列番号19番以降に情報はありません。

 

02:Elapse ~画面更新時~

ヘッダ02は、BVEが画面を更新した際に送信されます。

追加配列は19番以降、531番まで続きます。

番号 名称 倍数 備考
19 panel[0] 1 panel[0]の状態です。
(連続します) 1
274 panel[255] 1
275 sound[0] 1 sound[0]の状態です。詳しいことは未検証です。
(連続します) 1
531 sound[255] 1

公式:panel[n]の配列番号は「n + 19」

公式:sound[n]の配列番号は「n + 275」

 

03:KeyDown ~ボタン押下時~

ヘッダ03は、ボタンが押下されたときに送信されます。

追加配列は19番のみで、それ以降はありません。

押下されたボタンの名称と送信される番号の対応表を以下に示します。

S 0 E 8
A1 1 F 9
A2 2 G 10
B1 3 H 11
B2 4 I 12
C1 5 J 13
C2 6 K 14
D 7 L 15

 

04:KeyUp ~ボタン解放時~

ヘッダ04は、ボタンから手が離されたときに送信されます。

配列に関してはヘッダ03と同様です。

 

05:HornBlow ~警笛吹鳴~

ヘッダ05は、警笛が吹鳴された際に送信されます。

追加配列は19番のみで、情報が「0」のとき警笛1、「2」のとき警笛2、「3」のときミュージックホーンが吹鳴中であることを表しています。

 

06:SetSignal ~現示変化時~

ヘッダ06は、進路上の閉塞の現示が変化した際に送信されます。

追加配列は19番のみで、変化後の信号番号が送信されます。この機能は未検証です。

 

07;SetBeaconData ~地上子踏んだ~

ヘッダ06は、車両が地上子上を通過した際に送信されます。

追加配列は19番から22番までです。

番号 名称 倍数 備考
19 地上子種別 1
20 対のセクション番号 1
21 対のセクションまでの距離 1000 単位[km]
22 第三引数 1 MapファイルにBeaconを配置する際の第三引数に入力された値がそのまま送信されます。

 

更新履歴

2017年11月13日 新規公開

記事一覧